知床半島のシミュレーション画像

カテゴリー: 新作・製品情報!   パーマリンク

 

知床半島をシミュレーションしてみました。

製作範囲を「遠音別岳(オンネベツダケ)」の入る範囲(タイプ1)と

「海別岳(ウナベツダケ)」の入る範囲(タイプ2)の2種類で行ってみました。

タイプ1の縮尺は1/100000  サイズ  30.0X300.0X500.0(mm)

タイプ2の縮尺は1/135000  サイズ  30.0X270.0X500.0(mm)

標高比は両タイプ共1.0倍となっています。

また、海岸線は通常の海面よりマイナス50m下げて表現してあります。

画像をクリックして拡大してご覧ください。

タイプ1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。